MENU

転勤費用が自費⁉引っ越し費用を賢く節約する秘訣

スポンサーリンク

目次

転勤の引っ越し、費用はどうしてる?

急に転勤って言われたけど、引っ越し費用どうしよう…。

転職や転勤が決まったら、次に頭を悩ますのが引っ越しの費用ですよね。

特に会社からの補助がない場合、その費用は全て自分のポケットから支払うことになります。

引っ越し費用と一言で言っても

  • 荷物の量
  • 距離
  • 選ぶ引っ越し会社

によってピンからキリまであります。

この記事では、そんな引っ越し費用を少しでも抑える方法と、意外と知らない公的な支援制度についてお話しします。

ここでは

  • 引っ越し費用を少しでも節約するためのこつ
  • 最安値の引越し会社を探す方法
  • 公的支援のチカラ  引っ越し費用で利用できる補助金やサポート

あなたの引っ越しを少しでも楽に、そして賢く行うためのヒントをご紹介
ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

自腹で引っ越し費用を払う前に 知っておきたい節約のコツ

転勤が決まってソワソワするその気持ち、わかります。

でも、引っ越し費用のことを考えると不安になっちゃいますよね。

でも大丈夫、ここで紹介する節約のコツを使えば、引っ越し費用をぐっと抑えることができますよ。

早めの見積もりは節約の第一歩

基本:引っ越し費用を節約するには、早めに動き出すことが重要です。

引っ越しシーズンを避けて、引っ越し会社に早めに見積もりを依頼しましょう。

シーズンオフは価格が下がることが多く、また、早めに予約することで割引をしてくれる会社もあります。

引越し見積

荷物を厳選する

「この機会に荷物を減らそう」と考えるのは、引っ越し費用を節約する上で非常に賢い選択です。

不要なものを処分することで、荷物の量が減り、それに伴って引っ越し費用も抑えられます。

フリマアプリやリサイクルショップを利用して、不要なものを売るのも一石二鳥です。

フリマアプリも便利なんだけど、出品作業が面倒なんだよね…
引越しの準備でそれどころじゃないというか…

そんな時はポレット!!
不用品を箱に詰めて送るだけで簡単査定。

これなら引っ越しの荷物を詰める作業と同時に出来るかも。

捨てるにも

  • これは何ごみ?調べなきゃ…
  • いつ出せるの?火曜日?それとも来週??
  • 分別のごみ袋で部屋が片付かない

となってしまう未来が手に取るように見えます。

段ボボールであふれかえる

ポレットなら送られてきた箱にすべて詰めて送るだけ!!

捨てるより、お金に換えてみませんか?
こちらのアプリから登録できますよ。

こちらは、対象が限られていますが
東京都23区、横浜市、川崎市にお住まいの方
・40歳以上の女性
なら【七福(しちふく)】がおススメ!!

  • 破れ、汚れ、ほつれ、色落ちなど、どんな洋服でも45Lの袋に詰めていただいたものを 1袋1,000円で買取り
  • ユニクロやGUでも買い取り可能

0円と言われた服も買い取り可能です。
こちらから実際に利用された方のレビューが見れますよ。

複数の引っ越し会社から見積もりを取る

一社だけでなく、複数の引っ越し会社から見積もりを取ることが大切です。

価格やサービス内容を比較して、最もコストパフォーマンスの高い会社を選びましょう。

このプロセスを簡単にするために、引っ越し侍のようなサービスを利用すると良いでしょう。

ネットで簡単に複数の会社から見積もりを取ることができ、時間と労力を節約できます。

引越しを検討しているなら、ぜひこのサービスを利用して、最適な引っ越し業者を見つけてください。

最大10万円のキャッシュバッグキャンペーンも実施しています。
もし、当たれば引っ越し費用がプラスになるかも?

引っ越しの自助努力

ダンボールは自分で用意したり、荷造りや荷解きを自分で行うことで、引っ越し費用をさらに抑えることができます。

また、友人や家族に手伝ってもらうことも一つの方法です。

少しの手間と時間をかけることで、費用を大きく節約できることもありますよ。

引越しのポイント

これらの節約のコツを活用して、転勤に伴う引っ越しをもっと手軽に、そして賢く行いましょう。

次の見出し「お金をかけずに引っ越す方法: 節約テクニック大公開」では、さらに具体的な節約テクニックを紹介します。

お金をかけずに引っ越す方法 節約テクニック大公開

引っ越し費用をできるだけ抑えたい!
でもどうしたらいいかわからない…

そんなあなたに、さらに具体的な節約テクニックをご紹介します。

これらのアイデアを駆使して、賢く引っ越しを乗り切りましょう。

梱包材は自分で用意しよう

梱包材を引っ越し会社に頼むと、意外と費用がかかります。

しかし、スーパーで無料で手に入るダンボールや、新聞紙、古着を使えば、梱包材にかかる費用を大幅にカットできます。

友人や家族から余っている梱包材をもらうのも良いでしょう。

段ボールの費用がかからない引っ越し業者もあります。
引っ越し会社を選ぶ時のポイントにしてくださいね。

引っ越し業者の競合を利用する

「引っ越し一括見積もりサイト」を利用して、複数の引っ越し会社から見積もりを取り、それらを競争させることで、より低い価格を引き出すことが可能です。

価格交渉は少し勇気がいるかもしれませんが、大幅な節約につながることもあります。

実際に何社か家に来て見積を出してもらいましょう。
私はこれで何万円も値引いてもらいましたよ。

STEP
複数の会社から見積もりを取る

引越し侍を使えば簡単に見積もりをとれますが、地元の引っ越し業者も検討してください。

STEP
実際に家に来てもらい、荷物の量を見てもらう

この時、引っ越し業者に来てもらう順番がとても重要です。

私は毎回
・一番高く見積もりを出している会社
・一番気になっている会社
を最後み家に来てもらうようにしています。

こうする事で、『一番高い会社』や『一番気になる会社』と安い会社を比較しやすく値引き交渉をしやすくなります。

非ピークタイムを狙う

引っ越し業者は、月末や週末、春休みや夏休みなどの繁忙期には料金が高くなりがちです。

可能であれば、平日や月初めなどのオフピークタイムに引っ越しをスケジュールすると、料金が割安になることがあります。

引越しのポイント

インターネット配線工事などと一緒で、土日祝は割高です。
出来る限り、平日に引っ越しをし節約しましょう。

小さな引っ越し業者を検討する

大手引っ越し業者も信頼性が高く安心ですが、地元の小さな引っ越し業者も価格面で有利な場合が多いです。

地元業者は、パーソナライズされたサービスを提供してくれることもありますので、見積もりを取ってみる価値は大いにあります。

例えば、県内の引っ越しなら地元の引っ越し業者も視野に入れましょう。
地域密着で『痒い所に手が届く』かもしれませんよ。

引っ越し業者さんが手伝ってくれる

荷物を送る、持ち運ぶ

全てを引っ越し業者に任せるのではなく、荷物の一部を宅配サービスで送る、または自分で車で運ぶことで、引っ越し費用を節約できる場合があります。

特に、遠方への引っ越しでは宅配サービスの方法が有効です。

  • クロネコヤマト
  • 日本郵便
  • 佐川急便  

などの宅配サービスの『指定日』を利用するのも一つの手です。

引っ越し日より後の日付を指定日にしましょう。
引越し日の次の日などを指定すると、受け取りもスムーズですよ。

・引っ越しトラックに乗りきらなかった
・少しでも先に荷物を減らしたい
なんて時に便利ですよ。
トラックの大きさを変更すると料金がとても高くなります。

引っ越しと言ったら『引っ越し業者さんに荷物を運んでもらう』イメージしかなかった!!

郵便配達

これらのテクニックを駆使して、引っ越し費用の節約にチャレンジしてみてください。

公的支援のチカラ: 引っ越し費用で利用できる補助金やサポート

転勤や引っ越しの際、自腹で費用を支払うことになっても、実は知られざる支援策が存在します。

公的な補助金やサポート制度を活用することで、引っ越し費用の負担を軽減することが可能です。

ここでは、そんなあまり知られていない支援策に焦点を当ててご紹介します。

住宅移転費補助制度

一部の自治体では、転職や転勤に伴う引っ越し費用の一部を補助する制度があります。

この制度は、特に地方移住を促進するためのもので、移住先の自治体が定める条件を満たす場合に適用されます。

条件や補助金の額は自治体によって異なるため、移住先の市町村の公式サイトや移住支援センターに問い合わせることが大切です。

私は○○県に転勤になったから、○○県○○市の公式サイトを見ればいいんだね。

経済的支援が受けられる福祉制度

低所得者や福祉の支援を受けている家庭の場合、引っ越し費用の支援を受けられる可能性があります。

生活保護受給者はもちろん、一定の条件を満たす世帯に対して、引っ越し費用の一部または全額が補助されることがあります。

詳細は、住んでいる地域の市区町村役場の社会福祉課などに相談してみましょう。

引っ越し費用のチェック

職業安定所(ハローワーク)の支援

転勤の方にはあまり関係はないかもしれませんが、ハローワークからの支援がある事はあまり知られていません。

転職を伴う引っ越しの場合、職業安定所(ハローワーク)を通じて、就職活動のための旅費や引っ越し費用の補助を受けられる場合があります。

特に、地方へのUターン・Iターン就職を支援する制度を設けている地域もありますので、転職活動をする際はハローワークで相談してみると良いでしょう。

特定の条件を満たす企業の補助

公的な支援とは異なりますが、転勤や転職の際には、新しい職場にこのような支援制度がないかを確認することも重要です。

一部の企業では、社員の引っ越し費用を支援する制度を設けていることがあります。

私なら、人事の人に聞けばいいのね。
少しでも節約になるなら行動あるのみ!!

人事

これらの公的支援を活用することで、引っ越し費用の負担を大きく軽減できる可能性があります。

税金控除でお得に: 転勤時の引っ越し経費を賢く節税

引っ越し費用を自腹で支払う際、節約のために見落としがちなのが税金控除の活用です。特に転勤や転職で引っ越しを伴う場合、一定の条件を満たせば、引っ越し費用を所得控除として申告することが可能です。このセクションでは、引っ越し経費を節税する方法について詳しく解説します。

引っ越し費用の所得控除

転職や転勤で引っ越しが必要になった場合、その費用は「必要経費」として所得税の控除対象になることがあります。

控除を受けるには、転職先が現職地から一定距離以上離れていることなど、税法上定められた条件を満たす必要があります。

詳細な条件や手続きについては、国税庁のウェブサイトや税務署に確認しましょう。

確定申告での申請方法

税金控除を受けるためには、確定申告が必要です。

引っ越し費用を含め、転職に関する全ての必要経費を計算し、確定申告書に記入します。

この際、引っ越し業者の領収書や交通費の領収書など、支出を証明できる書類を保管しておくことが大切です。

下記を参考に自分が当てはまるか確認してみて下さい。

自宅売却や購入に関する特例

転勤や転職で自宅を売却したり、新たに家を購入したりする場合も、税制上の特例が適用されることがあります。

例えば、自宅を売却して生じた譲渡所得については、一定の条件下で税金が軽減される可能性があります。

また、新たに住宅ローンを組んで家を購入する場合、住宅ローン控除の対象となることもあります。

引っ越し

引っ越しに伴う税金控除や特例を上手に活用することで、転勤時の経済的負担を軽減することが可能です。

しかし、税法は複雑であり、条件や手続きには細心の注意が必要です。
不明な点があれば、税理士や専門家に相談することをお勧めします。

出来る女 弁護士 税理士

まとめ: 転勤と引っ越し費用、賢く乗り切るためのヒント

転勤や転職は人生の大きな転機ですが、それに伴う引っ越し費用は頭の痛い問題です。

特に、費用を自腹で支払う必要がある場合、その負担は決して軽いものではありません。

しかし、この記事で紹介した節約テクニックや公的支援、税金控除などを上手に活用すれば、引っ越し費用の負担を大幅に軽減することが可能です。

転勤引っ越しの節約術の要点

  • 早期の計画と見積もりで、引っ越し費用の節約を。
  • 荷物を減らして、不要なものは売却や寄付を。
  • 複数の引っ越し業者から見積もりを取り、比較検討を。
  • 非ピークタイムの利用や、小さな引っ越し業者の検討も視野に。

公的支援と税金控除の活用

  • 自治体や福祉制度からの補助金、支援をチェック。
  • 職業安定所の就職活動支援を利用。
  • 引っ越し費用の税金控除や住宅に関する税制特例を理解し、活用を。
飛行機に乗って引っ越し

転勤や転職による引っ越しでは、多くの場合、前向きな気持ちと同時に、経済的な不安が付きまとうもの。

しかし、今回ご紹介したような節約術や支援制度を知っておくことで、その不安を少しでも和らげることができます。

転勤や転職は新たなスタートです。

経済的な負担を賢く管理しながら、新しい生活を楽しんでくださいね。

この記事が、転勤や転職に伴う引っ越しを控えている皆さんの役に立てば幸いです。

何か疑問点やさらに知りたい情報があれば、専門家に相談することも一つの手です。

新しい門出を応援しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次