MENU

転勤族の孤独を回避!新しい土地に馴染むコツ、友達作りのコツを教えます!

新しい土地に馴染むコツ、友達作りのコツを教えます!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

あなたは転勤をして新しい土地にすぐに馴染める方ですか?
私は、馴染むまではなり時間がかかる方です。

転勤族の悩みのひとつに、新しい土地に馴染めない・友達が作れないというものがあります。

転勤先での生活や人間関係に不安やストレスを感じることは、心身の健康にも影響を及ぼします

では、なぜ転勤族は新しい土地に馴染めない・友達が出来ないのでしょうか?

そして、どうすれば馴染みやすくなり・友達が出来るのでしょうか?

新しい土地に馴染むためのコツや友達を作るコツを紹介します。

自己紹介
名前:まるもち
目次

新しい土地に馴染めない・友達が出来ない理由

新しい土地に馴染めない・友達を作れない理由は人それぞれですが、一般的には以下のようなものがあります。

  • 地域性や文化の違い
  • 人間関係の構築の難しさ
  • 転勤周期の短さ
  • 家族や友人との距離感
  • 子供の有無や年齢の違い

私の場合は『人間関係の構築の難しさ』が一番の理由です。
慣れない土地で、人間関係を築く事はなかなか出来ません。
これが出来なければ友達を作ることも難しいです。

地域性や文化の違い

日本は狭い国ですが、地方によっては方言や習慣、風習などが大きく異なります

例)

1.東京から九州に転勤した場合、言葉や話し方、人付き合いの仕方などに違和感を感じることがある

2.食べ物や気候、交通機関などの生活環境も変わる

これらの違いに対応するためには、柔軟性や学習意欲が必要になります。

人間関係の構築の難しさ

新しい土地で暮らすためには、職場や地域で人間関係を構築することが重要です。

しかし、転勤族はその都度新しい人たちと関わる必要があります。

そのため、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。

しかし、内向的な人や人見知りな人にとっては、それが苦手でストレスに感じることもあります。

ストレスを抱える女性

転勤周期の短さ

転勤族は一般的に数年ごとに異動することが多くあります。

そのため、新しい土地で暮らし始めてもすぐにまた引っ越すことを意識してしまいます。

その結果、新しい土地に根付くことができず、馴染みやすさを感じることができません

『もうすぐ転勤の辞令があるかもしれないけど、PTAどうしよう…』
など、私もいつも転勤の事を考えながら、生活していました。
これでは、なかなか馴染めませんね。

家族や友人との距離感

転勤族は家族や友人と離れて暮らすことが多いのではないでしょうか。

そのため、連絡を取り合ったり会ったりする機会が減ります。また、時間差や生活リズムの違いもあります。

これらの要因で家族や友人との距離感が変わってしまうこともあります。

特にパートナーや子供がいる場合は、単身赴任や家族留守番などで家庭内のコミュニケーションが減ります。

悩みを抱える男女

子供の有無や年齢の違い

転勤族の妻は、子供がいるかどうか、また子供が何歳かによっても、友達作りの環境が変わります。

自分と同じ年代や同じ境遇の人となかなか出会えません。

連絡がなくて寂しそうにする女性

子供が小さい場合でも、自分より若いママや自分より年上のママとは話題が合わなかったり、気まずく感じたりすることもあるかもしれません。

また、子供が大きくなった場合でも、自分より若い人や自分より年上の人とは仲良くなりにくかったりすることもあります。

どこでママ友を作るかがポイントでしょう。

新しい土地に馴染む・友達を作るためのコツ

新しい土地に馴染めない・友達を作れないという悩みを解決するためには、以下のようなコツがあります。

  • 地域性や文化に興味を持つ
  • 人間関係を作るために積極的に行動する
  • 転勤先での目標や楽しみを見つける
  • 家族や友人との連絡を密にする
  • 子供の有無や年齢に合わせて人が集まる場所へ行く

地域性や文化に興味を持つ

新しい土地に移るときは、その地域の歴史や文化、名所やグルメなどに興味を持ってみましょう。

インターネットや本などで事前に調べたり、現地の人に聞いたりして知識を増やしましょう。

また、実際にその地域の特色を体験したり楽しんだりしてみましょう。

例)1.祭りやイベントに参加する

  2.名物料理を食べる

  3.観光スポット巡りをする

新しい土地の事を知ることで、新しい土地への理解や愛着が深まりますよ。

名物のソフトクリーム

人間関係を作るために積極的に行動する

新しい土地で人間関係を作るためには、自分から積極的に行動することが大切です。

職場や地域での挨拶や会話はもちろんですが、それだけではなく、飲み会やサークルなどの交流の場に参加したり、趣味やスポーツなどで仲間を見つけたりしてみましょう。

また、同じ転勤族の人と繋がることも有効です

転勤族向けのコミュニティ やイベントなどがあれば参加してみましょう。

転勤族の人は意外と近くにいるかもしれませんよ

なぜなら『転勤族 おすすめの土地』など不動産屋さんに聞いて引っ越しをするからです。

同じ境遇の人と情報交換や悩み相談ができると心強いですね。

私は転勤族の人におすすめの物件や土地に引っ越していたので、周りの奥様は大体が転勤族でした。

転勤先での目標や楽しみを見つける

転勤先で暮らす期間は限られていますが、その期間を無駄に過ごすのではなく、自分なりの目標や楽しみを見つけてみましょう。

例)

1.仕事で成果を出したりスキルアップしてみる

2.趣味や勉強などで自分磨きをする

他には、転勤先でしかできないことや体験できないことを探してみるのはいかがですか?

例)1.その地域の特産品や風景を楽しむ

  2.隣接する県や国へ旅行したりする

これらのことで、転勤先での生活に意味や充実感を持つことができます

観光地 函館

家族や友人との連絡を密にする

家族や友人と離れて暮らす場合は、連絡を密にすることが大切です。

電話やメール、SNSなどで定期的に近況報告や相談事などを伝え合いましょう。

転勤先での孤独感も和らぐかもしれません

今はSNSがあるので簡単に連絡を取ることが出来ますね
Twitter(X)やInstagramなど写真や一言でもいいので投稿してみましょう。

子供の有無や年齢に合わせて人が集まる場所へ行く

子供がいるかどうか、また子供が何歳かによっても、友達作りの環境が変わります。

子供がいない場合・大きくなった場合子供が小さい場合
・訓練学校や就職先
・習い事
・支援センターや児童館
・保育園や幼稚園

上記のような場所でママ友を作る機会があります。

これらの場所では、自分と同じ年代や同じ境遇の人と出会える可能性が高いです。

例えば、子供が小さい場合は、同じ保育園や幼稚園のママさんや、同じ年齢の子供を持つママさんと仲良くなりやすいです。

私の場合は、幼稚園でお友達を作ることが出来ました
公園などに出かけて子供きっかけにお友達になった方も居ます。

また、子供が大きくなった場合は、同じ職場や習い事の仲間と仲良くなりやすいです。

これらの場所では、共通の話題や情報交換ができるので、コミュニケーションが取りやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転勤族の方は、新しい土地に移るたびに、地域性や文化の違い、人間関係の構築の難しさ、転勤周期の短さ、家族や友人との距離感などに悩まされることが多いと思います。

これらの悩みは、心身の健康にも影響を及ぼします。

  • 地域性や文化に興味を持つ
  • 人間関係を作るために積極的に行動する
  • 転勤先での目標や楽しみを見つける
  • 家族や友人との連絡を密にする
  • 子供の有無や年齢に合わせて人が集まる場所へ行く

新しい土地に馴染むためのコツと友達を作るコツとして上記の5つを紹介しました。

あなたの転妻ライフが少しでも楽しくなったらと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次