MENU

引っ越しの挨拶は粗品で差をつける!行くときの注意点とおしゃれな粗品

引っ越しの挨拶は粗品で差をつける!行くときの注意点とおしゃれな粗品
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶に粗品を持って行くとき、どんなものを選べばいいのでしょうか?

オシャレなものを選びたいけれど、相手に失礼にならないか心配ですよね。

ここでは

などについてまとめてみました。

引っ越しの挨拶に粗品を持って行くときの参考にしてください。

目次

引っ越しの挨拶で手土産・粗品を渡す理由と相場

引っ越しの挨拶で手土産を持参する理由は、主に以下の3つです。

  • 迷惑をかけたことへの謝罪
  • 感謝と親しみを伝えること
  • 自己紹介とコミュニケーションのきっかけ

引っ越しは、周囲に迷惑をかけることが多いので、手土産は謝罪と感謝の気持ちを伝えるためにも必要です。

また、手土産は自己紹介のきっかけにもなります。

手土産の相場

  • 近所の住民:500円~1,000円
  • 大家さんや管理人さん:1,000円~2,000円
  • 不動産会社:不要
近所の住民

近所の住民に渡す手土産の相場は、500円~1,000円程度が目安です。

あまり高価なものを渡すと、相手に気を使わせたり、お返しを期待されたりする恐れがあります。

逆に安すぎるものを渡すと、失礼にあたったり、印象が薄くなったりする可能性があります。

手土産は、あくまで挨拶の気持ちを表すものなので、ほどほどの値段のものを選びましょう。

大家さんや管理人さん

大家さんや管理人さんに渡す手土産の相場は、1,000円~2,000円程度が目安です。

大家さんや管理人さんは、引っ越し先での生活において重要な存在です。

何か困ったことや相談したいことがあったときには、頼りになる人です。

そこで、近所の住民よりも少し高めの値段のものを選ぶことで、感謝や信頼を示すことができます。

不動産会社

不動産会社に渡す手土産は不要です。

不動産会社は、仕事として物件を紹介や管理しているだけであり、引っ越し先での生活に関わるわけではありません。

また、不動産会社は多くのお客さんと接しているため、手土産を受け取ることに慣れていないかもしれません。

手土産を渡す必要はありませんが、丁寧な言葉遣いや笑顔で挨拶することは忘れないようにしましょう。

引っ越し

粗品を選ぶ際の注意点や熨斗の付け方

手土産を選ぶ際には、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 金額や量は相手に負担にならない程度にする
  • 好みやアレルギーなどに配慮する
  • のし紙や包装は丁寧にする

金額や量は相手に負担にならない程度にする

手土産はあくまで挨拶の気持ちを表すものなので、金額や量は相手に負担にならない程度にすることが大切です。

あまり高価なものや多すぎるものを渡すと、相手に気を使わせたり、お返しを期待されたりする恐れがあります。

逆に安すぎるものや少なすぎるものを渡すと、失礼にあたったり、印象が薄くなったりする可能性があります。

一般的には、

近所の住民には500円~1,000円程度

大家さんや管理人さんには1,000円~2,000円程度

が目安です。

ご近所

好みやアレルギーなどに配慮する

手土産は相手が喜んで受け取ってくれるものを選びたいものです。

しかし、初対面では相手の好みやアレルギーなどを知ることが難しい場合もあります。

そこで、好みやアレルギーなどに配慮することが重要です。

例えば、食べ物を渡す場合は、賞味期限が短いものや匂いが強いものは避けましょう

お菓子

日持ちするものや匂いが弱いものを選ぶと安心です。

また、日用品を渡す場合は、家庭によっては決まった物を使っていたり、好みが分かれたりするものは避けましょう。

消耗品や汎用性の高いものを選ぶと良いでしょう。

のし紙や包装は丁寧にする

手土産は見た目も大事です。

相手に敬意を表すためにも、のし紙や包装は丁寧にすることがマナーです。

引っ越しの挨拶で渡す手土産には、「外のし」を使います

表書きには「御挨拶」と書き、その下に自分の苗字を書きます

また、包装は紅白の蝶結びを選びましょう。

紅白の蝶結びは、祝い事やおめでたいことを表すものです。

手土産を渡すときには、笑顔で挨拶しましょう。

粗品

おすすめのオシャレな粗品

手土産を選ぶ際の注意点を押さえたら、次は具体的な商品を選びましょう。

お菓子やコーヒー

お菓子やコーヒーは、手土産として定番の品です。

引っ越し前に住んでいた地域のお菓子をお土産にすると、「〇〇から引越してきた○○さん」と印象に残りやすいでしょう。

ただし、お菓子は賞味期限に注意が必要です。

また、不在の家のことも考慮し、常温である程度日持ちのする物を用意しましょう。

\4個でこの値段は安い/

\手提げ袋無料/

\こんなえびせん見たことない/

日用品や消耗品

日用品や消耗品は、どの家庭でも使うものなので、手土産として喜ばれます

日用品の中でも、タオルや食品ラップ、キッチンペーパー、食品保存袋、食器洗いのスポンジといった「キッチン用品」などの消耗品は毎日使う家庭が多く、どこの家庭でも喜ばれます。

基本的には手土産として喜ばれる日用品ですが、注意点もあります。

石けんや洗剤、入浴剤など、家庭によっては決まった物を使っていたり、好みが分かれたりする日用品もあります

そのため、匂いなどに好みが出そうな日用品は避けましょう。

\ラップに見えないオシャレな包装/

\自分では買わない物って嬉しいですよね/

\タオルといえばやっぱり今治タオル/

ギフトカードや食事券

ギフトカードや食事券などの「金券」も検討してみましょう。

QUOカードやギフトカード、図書カードなど、500円から購入できるカードもありますし、何よりかさばらないのでスマートな手土産を準備したい場合にはおすすめです。

かさばらないので不在時など、ポストに手紙と一緒に入れることもできます。

\貰えたら嬉しい物№1/

\ご近所さんに渡す金額に丁度いい/

粗品を渡す際の言葉やマナー

最後に、粗品を渡す際の言葉やマナーについてはこちらに書いてあります。

挨拶の例文や、手紙の例文もありますのでぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今は、ネットで注文すれば熨斗も付けて翌日には届くものが多くあるのでとても便利になりました。

ぜひ素敵な粗品を持って挨拶に伺ってみて下さい。

ご近所さんと素敵な関係が作れますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次